気密性の高い部屋では

現代の、気密性の高い部屋では、かぐつち二号の様に、構造的にヒ-トライザ-での空気の押し出し力がある薪スト-ブでは、窓を閉め切ったままで使用すると、酸欠状態となり、燃えなかったり、煙が逆流して来ます。その場合の解決方法は、薪スト-ブの近辺に、外気が入る通風孔を付けて置く事で解決します。又、薪スト-ブのある部屋で、換気扇を回すと、これまた、酸欠状態になり、燃えない、身の危険に繋がります。ぜひ、外気を取り入れる工夫をしておきましょう。以下の文面は、かぐつち二号をお買い上げ、お使い頂いているお客さんの、問い合わせです。

 

「一昨年かぐつち蒔きストーブを購入しました外にて試し焚きは快調でしたが室内では煙の逆流が二回目以降の蒔き投入時、第一燃焼室の上部にたまった内部 からそとに出てしまいます薪が少なくなると急激にヒートライザーの温度が下がり煙の引きが悪くなるためでしょうかを煙突の位置や長さを調整しましたが煙の漏れは止まりませんでした室内は他社製を使い カグツチは外の作業場で使用していますが 快調です 焚き口の位置とガラス戸の密閉の状況を改善してほしいと思います」

たったこれだけの知識を持つ事により、良く燃えて、快適な薪スト-ブライフが送れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前(ペンネーム可) *

ウェブサイトURL